スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院していました

時間がたつのはあっという間で、もう一月前になってしまうのですが、一週間入院していました。病名は「虚血性大腸炎」。

ビロウな話になりますがご勘弁ください。
一日中なんとなく胸の下あたりが苦しかったのですが、夕食の油ものがキーになってしまったのか、夜10時にきりきりと搾り取られるような腹部の痛み、悪心、寒気に下痢が起こり、そして下血がありました。

それまでにもこういう症状はありましたが、今回は次の日の夕方になっても下血が収まれりません。家人に車で送ってもらってそのまま入院しました。

同時期に緊急に罹っていた方は、熱中症とか40℃の発熱の方もいました。しんどそうだった。・・

感染症の疑いがあるということで、最初の2日間は病室に居続けでした。
点滴のみで横になっているしかないのですることといえばテレビと読書と妄想です。

テレビの「あまちゃん」を楽しみに、あとはひたすら本を読んでいました。
アキちゃん可愛い。

宮部みゆきさんの「小暮写真館」、中上健次全集など。
最近は中上健次をよく読んでいるのですが、病中に「熊野集」はちょっと濃厚過ぎました。死とか血とか性描写多いよ。
説話的世界から日常の世界まで、紀州を舞台に時代を縦横に行き来語っていく文章は、引力がありました。「蝶鳥」「海神」「勝浦」「葺き籠り」が好きだったかな。
全集の裏表紙には中上さんの肉筆原稿がプリントされていて、まるで呪文のように見える独特な文体なのですが、書かれている文章は透明感がありますね。「淀んでいながら清らか」の表現通りです。

内視鏡検査も初めて受けました。腸がターンしてるところに管が当たると腸の中から痛みます。冷や汗かきっぱなしで、看護師さんに足押さえられてました。
自作の腐作品の人々が頭に浮かんでいました彼らにごめんなさい。

家人は毎日来てくれましたし、義理実家も実家の身内の人にもお世話になりっぱなしでした。もっと重い疾患で治療中の身内もいたのに、有難いやら申し訳ないやらでした。
同室の方とたくさんお話しできたし、わざわざお見舞いに来てくれた友人もいて、人の有難さを感じました。
健康が一番です。私も入院するまで、胃腸の具合が悪いということに全く気が付きませんでした。(後から、飲んでいる心療系の薬は便通を悪くする作用があると助言受けました。そうなのか。)

ちなみに入院費は高額医療ぎりぎりに。
保険も古い型のままでしたので痛い痛い;0;最低限、入院一日目からの保障したほうがいいですね。

ただひたすら寝ていた一週間ですが、何も気にせずに無の状態で過ごしていると、次の日が来るのが楽しみになってくるのですね。
人って基本的に明日に向かおうとするものなのだなあ。

私はまだ「時間には限りがある」という実感は持てないでいるのですが(ポシティブな人ってそれが腑に落ちているらしい、だから、時間を無駄にしない)
後悔せずに、ただそこにじっとしているのではなく、伝えたいことはどんどん伝えて、やりたいことをやっていかないとなあと思いました。
勿論、体を大切にしていかないとですね。

スポンサーサイト

奈良旅行の思い出

七月半ばに奈良旅行に行ってきました。
宝塚観劇から一泊して足を延ばしてきました。

一杯歩きました。
こんなに自分には体力がまだあるんだ、と少々自信がつきました。

奈良といえば春日大社の神獣、鹿。
小鹿も生まれていて可愛らしかったです。
さっそく鹿の洗礼を受けました!
鹿せんべい屋さんの前、雄鹿の立派な角に腰を撫でられてしまいましたよ。

「鹿苑」には小鹿だまりもありました。
鹿のキンダー・ガーデンです。

春日大社周辺は原始林が広がっており、遊歩道を進むといくつかの神社にお参りできます。
早朝に出発したので観光客さんもほとんどおらず映画の「五条霊異記」の中に出ていたような、薄暗い林でした。
(余談ですが、「五条霊異記」があまり評価されていないのは不思議だと思います。現代日本と平安末世時代の日本の隔たりを描きながら、堂々としたアクション娯楽大作なんですよ)
空が開けた時、降る雨がぱあっと陽光に染まっていたのを見た時は言葉を失いました。

春日大社参道で見かけた雌鹿。一匹だけで林を歩いてました。


女性の腰から上と下の病気にご利益がある「赤乳・白乳神社」の小さな社と、芸能創作の守り神のむねぞう神社・・ではなく宗像神社には特に心を込めて手を合わせました。これからもできる限り創作をしてきたいなあと思っています。

続いて萬葉植物園にも立ち寄ってみました。
大賀蓮が満開になっていました。
蓮は、「清らかさ」と「華やかさ」が共に住んでいるような華ですね。
「万葉集」に歌われた花は、西洋の華に見慣れた現代人には、やや地味に見える草花が多いです。ですが、蓮の花弁と彩りは引き込まれる強さがあります。
仏様の華、と古代の人が思っても自然な気がしますね。

「泥の中の蓮」という言葉は人間に送るエールだと思います。


東大寺は予想通り・・・大きかった!
小学校時代の修学旅行で初めて見て胆が潰れたのですよね。
高層ビルなども見たことのない田舎の小学生には、東大寺の大きさは圧倒されるしかなかったです。
二十数年たって再び大仏様の前に立たせて頂いたのですが、やはり大きかった。「大将」と呼びたいくらい、懐の広さも感じる表情をされてました。

大仏様の両脇侍には如意輪観音像と虚空蔵菩薩像の二柱がおいでになるのですが、大仏様と同じ位の背の高さでした。足元には売店などもあり、賑やかさの中で見上げていると気が遠くなる三尊像と共にいると、空間感覚がおかしくなります。


午後は唐招提寺。
ちょうど通り雨の直後で、澄明な空気に満たされていました。
観光客さんも少なく、とても静かで、講堂内の警備の方もうとうとされている位でした。


歴史や建築に知悉してない身からは、唐招提寺の建造物は、色合いも少なく、簡素に見えます。ですが、八本の列柱の向こうに見える「金堂」の廬舎那仏像は深遠な雰囲気があった気がします。
仏像との距離も近く、穏やかなお顔立ちをじっくり見上げることができました。

「講堂」はかつては、鑑真和上から学を受ける仏僧たちの教室だったそうです。
元は平城京の宮殿を賜って移築されたものだとか。
平城京は奈良駅から西側にあったもので、(東大寺や春日大社は東側)そこからは今でも古物が出るとタクシー運転手さんに教えて頂きました。

「講堂」におわすのは弥勒如来像。
林海象監督・永瀬正敏さん主演の「弥勒」の成功を願い手を合わせてきました。

鑑真和上の墓所「開山御廟」は、小さい池の真ん中の小山にあるのですが、そのまえに瑞々しい向日葵や菊の花が供えられていたことに感銘を受けました。
奈良や平安の時代から変わらず花を供えられ続けていたのでしょう。

六度も航海の末に日本にこられたたあと、お亡くなりになられた鑑真和上のお人柄が忍ばれるお寺でした。清廉で、質実で、多くの人に慕われる方だったのではないでしょうか。
中国揚州には帰られることはなく亡くなったのですが、揚州から贈られた瓊花の樹木や、現地に取材された画家・東山魁夷さんの絵が描かれた御影堂の障壁画が、揚州の空気を伝えているのでしょうか。

鑑真和上坐像と障壁画が公開される六月六日の「開山忌舎利会」にはぜひ行ってみたいと思います。

今は唐招提寺のおみやげの青連のお香を焚いています。
お寺や教会での「おみやげ」販売は相応しいものかとひっかかる人もいるかもしれないのですが、唐招提寺のおみやげはとてもセンスの良い物だったように思います。
お香に便箋、蓮の花の写真の絵ハガキなど。売店は、入った途端にお香の良い香りに包まれていました。

唐招提寺は美しい場所で、できることなら、何度か足を向けてみたいです。惚れてしまいました。

唐招提寺の地上より空を見上げる


体力優先で、目的地を限って、無理をしない旅も一人旅だからできたのかもと思います。
「無理つかうよりはお金を使え」作戦で行きました。
ですが、バス路線とかはしっかり把握していた方がよかったかと思います。
タクシー、運転手さんは博学ですが、東から西への運賃が痛かった。また、今度行くとしたら味覚の探求もしてみたいです。おみやげは定番から、センスの良いものまで様々だったのですが、今回の昼ごはんは、いまいち……(・∀・;)。おしゃれなカフェに期待しすぎてはいけないのかもしれません。
ですが、ホテルの朝食バイキングはとてもおいしかったです。
厚揚げと白菜の飛鳥鍋風は淡泊だけどご飯によく合いました。

観劇など目的のある旅と、ただあてどなく歩く旅は違っていまして。
家庭持ちですので、一人旅という浪費は勝手なのではないかと長く迷っていました。
でも行って良かった。
今までどこか何かが欠けているという気持ちでいたのですが、旅から帰ってきて、自分は昔からあてどのない旅に憧れていたのかもしれないとようやく気づきました。この機会がなければ、自分は何をやりたいのか気付けず、自由にふるまうように見える人を羨んだり迷っていたりしたままだったと思います。

何よりもおおらかに許してくれた家人に感謝。

できることななら、これからも年老いても、家族でも一人でも、体力と時機が許す限り旅をしていきたいです。

近くと遠くを

 18日に、地元のホールで行なわせた野の花診療所10周年記念「近くと遠くを語り合う」に行ってきました。
 野の花診療所は、「死の中の笑み」など多数の本を著された徳永進先生が院長を勤められている、ホスピスも兼ねた医院です。

 夜より降雪。無事飛行機等着くかなあと心配していたのですが、何事もなく開幕されました。

 遠路はるばる訪れてくださった詩人の谷川俊太郎さんと、糸井重里さんがお二人で語りあう内容です。

 私は「クレーの天使」など谷川俊太郎さんの詩が大好きで、ミーハー的に飛びついてしまいました。
 昨年以来後悔していることもありました。
野の花診療所主催の研究大会に一般参加も可能ということで迷っていたら、一青窈さんがサプライズゲストとして登場され、小林武史さんのピアノと共に歌われたのですよね。通りすがりに、スピーカーから「うんと幸せ」が流れてきたのです。もう、観客席で聴きたかった!
 そんなこともあり、今回は是非見に行こうと心に決めていたのです。
 
 谷川さん&糸井さんは、コレクションのこと、震災直後のことなど話題は四方八方に飛び、時に創作の推敲など専門的な内容もあったのですが、ふんわりと二人の空間に包まれるような感覚がしました。
 会場はほぼ埋まっていたのですが、全員がそのやわらかい空間に包まれているような気さえしました。一時間半近く、休憩もいれずにただただ話す!という前代未聞の?公演だったのですが、あっという間でしたね。
 良い声の人同士が語り手と聞き手としてかみ合って、ゆったりと会話している様子って、見ていて心地よくなるリズムを生み出すのですね。

 途中舞台脇から司会の徳永先生&音楽の谷川賢作さんがいなくなられて、糸井さんたちが「どこ!?」と驚かれてたりしました。
 徳永先生は谷川さんのピアノで踊って登場でしたし。お茶目な方多かったです。
 

 メモも取らずうろおぼえなのですが、お二人の会話から。

 谷川さん:
 「言葉の力をあまり信用していない」「ぼくと詩は見合結婚」「推敲はパソコンを使って1カ月」(感覚的な、語り掛ける文体の詩ですのに、そんなに長い間手を入れられるのですね)「ハンズで買った木のチップに「スキ」と書いたお守り」

 糸井さん:
 (帝王切開で生まれた谷川俊太郎さんに対して)「産道は世間★」
「(推敲の時は)読み手が書いているのではないかと思う」「悲鳴は言葉の中で一番劣悪」「パソコンは受身になってしまう」「さまになるまでにやめてしまう」
「昔からあきらめていないことは、年老いてまだらボケになっても残っている」


 谷川俊太郎さんは、3日前の15日に80歳のお誕生日を迎えられました。糸井さんは「もうなってると思っていた」と驚かれていました。この世代の人、やたらエネルギーが満ちている感じが。会場では80本の薔薇の花束を贈られていました。

 谷川俊太郎さんは、時々言葉遣いに文語が入り、糸井さんの話を聞いてなかったりして^^;
 でも子供の魂の瑞々しさを保ったままで今そこにおられる感じで。むしろ糸井さんに父性とか母性を感じてしまいました。
 谷川さんのような年の重ね方もいいなあ、と思いました。 

 お土産に徳永先生へ贈られた花束を抜いた薔薇一輪と、市内のパン屋さんで焼かれたパンを頂きました。薔薇はちゃんと根元が処理されていました。元々、配る準備をされていたのですね。パンはずっしり。無花果やナッツも入っていて、おやつどころではないボリュームでした。
 忘れられないイベントになりました。お二方とも、ぜひまたおいでになってほしいです。

境港から石見銀山へ②

島根県に移って、その日の宿は温泉津温泉の「吉田屋」さんでした。
ちょっと独特な成り立ちのあるお宿です。大正時代に建てられ、3代に渡って守られていたのですが、先代の経営者さんが引退になる際、地域活性化事業に携わっていた現女将が後を継がれたものです。


地元の農家さんの野菜を販売されたり、フェアトレードのコーヒーを出されたり、さりげなく、普通の温泉旅館とは異なる取り組みをしておられるようです。

大正時代からということでかなり古い建物かなあと心配だったのですが、清潔で温かみのある雰囲気でした。仲居さんは20代位の若い女性だったのですが、とても丁寧に対応してくださいました。観光目的で旅することは殆どなかったので、(ヅカとオフ会はたびだびだったのですが(つД`)相方と旅行もはじめて・・(つД`)こちらが緊張してしまいましたが、嬉しかったです。

吉田屋さんは山田洋次監督の寅さんシリーズの撮影場所にもなったようで、どの時代なのだろうと思ったら、かなり若い感じの・・蒼井優さんと同じくらいの年の賠償千恵子さんと青年寅さんの写真が^^;


食事は、野菜と魚介中心でした。地元の農家のおかみさんの作ったお野菜100%だそうです。ちなみに吉田屋さんの板さんも二十代の人だとか。若い~!
お魚がお刺身のほか、蒸したものもあり、その他お野菜料理も四品位ありました。
一時間くらいかけてご飯を頂くのが旨い旨い。地酒と一緒だとさらに浸みます。
とても美味しく、体にも良さそうでした。でも、重ねてですが「旅館のグルメ料理」とは一味違うので、そちらは覚えおいたほうが良いかも。

温泉津温泉のお湯はものすごく痛い。冗談ではなく塩の釜に入っているようでした。
一分くらい入浴すると肌が痛くなってきます。その上高温。
これは確実に、毎日入ると体が影響を受けます。
お肌もツヤッとしたような。バスソルトの数千倍みたいな感じです。

次の日は世界遺産・石見銀山に行ってきました。
銀山は周辺の景観も含めて遺産の指定もされていますので、環境を保護するため移動も10分位はなれた世界遺産センターからのバスになります。

とても晴れていて、木々の黄金色も染まっていました。
歩いて一時間くらいの町中に、坑道が散らばっているので、自転車レンタルしたほうが移動しやすいと思います。電気自転車もありました。
自分達は普通の方を借りたのですが、見にいける龍源寺間歩までなだらかな坂道になっているので、ひいこら言って登ってました。
間歩の中は暗くひんやりしていました。銀を掘り出す通路、空気穴、水を抜く穴が網のように絡まる場になっていました。
長い時間、多くの人がここで働いていたと思います。労働者の寿命は30代までだったとどこかで目にしたことがあります。世界遺産となった今は省みられていないのですが、温泉津温泉へ繋がる道には処刑場の後があるみたいです。
陰陽、全ての記憶を含めながら、今は保護され、静やかに穏やかに存在する町なのかもしれません。世界遺産に認定された後は、処刑場の記録などは観光客の眼に触れる媒体からは削除されたようです。歴史は暗部も含めないと、生きた記録としては残らないと思うのですが。

とても荒っぽい表現をしてしまうのですが、町の作りや山間の様子は、山陰の同じような集落と殆ど同じです。
でも、どこか他のどことも重ならない雰囲気があります。人が多く訪れる場所特有の賑やかさ、大きくて真新しい道路、清潔な町並みでしょうか。

憧れの「群言堂さんにもいけました。丁寧に作られた上質な服は、生地の色合いや全身のラインを見るだけでも輝いています。年齢的にも懐的にも手が届かないのですが・・^^;いつかは一着に身につけたい服です。両家の母へのお土産は靴下にして、お土産に梅ぼし柄の手ぬぐいゲットです。
「郡言堂」本店は古民家を改築されたそうです。広々とした二階はイベントスペースになっているのですが、お邪魔した日は秋の日差しと紅葉がガラス戸の外から覗いて、室内の影と混ざり合い異世界のような風景を作り出していました。
後日、できたら今度は夏の日に訪れたい街でした。

今まで遠出といえば趣味のイベントのみだったのですが、目的を含めない旅行もまた楽しいものですね。何度遠出できるか分からないのですか、また旅してみたいと思いました。

境港から石見銀山へ①

既に昨年の話になりますが、12月のはじめに一泊二日で鳥取~島根の小旅行に行ってきました。
境港から温泉津温泉、世界遺産の石見銀山のルートです。
車だと片道5時間位でしょうか。

幸い2日とも晴れていて、師走ですが過ごしやすい天気でした。

境港は妖怪漫画家水木しげる先生の出身地です。
今年大ヒットの朝ドラ「ゲゲゲの女房」で更に注目を受けた街です。
今までの入り込み客の2倍の人数が訪れたとか。凄いのは放送終了後の3カ月で更に勢いが付いているということですね。
私も、脚本家さんが気になる方だったこともあり、今まで一番に朝ドラに嵌ってました。松下奈緒さんのふみえさん&向井理さんの「お父ちゃん」こと茂さんにニマニマしながら見ておりました。日本国中ニマニマさせるカップルでした。

山陰出身のご夫婦が主人公ながら、現在は調布で活躍されている先生。最初はそのマンガ人生を当時の編集者さんの動向と共に描いていくという触れ込みでしのたので、あまり山陰は出てこないかなあと思っていたのですが、方言や度々行き来している姿など、先生達の今までの生い立ちをとても大切にされているのが伝わりました。
イカルさんなどは言葉遣いから港町の女房でした。私は母が港町出身でしたので、きちんと地元のことを知っている方が演出されたのが凄くよく分かります。

そんな境港ですが、やっぱり賑やかでした。
通りはプチ浅草、みたいになっていました。
おみやげ屋ばかりです!
妖怪ブロンズ像は二頭身の可愛いものも並んでいます。海坊主とべとべとさん、竹切り狸が好き。

お昼は夢みなとタワー下の回転すしでお昼でした。
ちょっと設備は古いのですが、職人さんがカウンターで握っている形式です。
「すし若」というお店でした。
地元のお店で、値段もお手ごろな上美味しかったです。
妖怪ロードは食べるお店が少なめですので、夢みなとタワー周辺に足を伸ばしてみるのがお勧めです。車なら難しくはないのですが、徒歩ならタクシーなどを利用されたほうがいいかも。タワー下の食堂も豪華で美味しいですよ。

後日12月までの入り込み数が350万人を超えたそうです。私と相方はその一部でもあったのですが、何度か行ってみたくなる通りです。



そうそう、
「ゲゲゲ」の山本むつみ先生は、萌え視点なのですが、男性の格好良い所はとことん格好良く書く方、しかも弱点を含めながら立ち上げることが出来る方だと思います。
「トップセールス」なら蟹江敬三さん演じる岡野英二、「慶次郎縁側日記」なら蝮の吉次が素敵でしたね。あまりな曲者は「ゲゲゲ」には出てこなかったのですが、イタチも最期は良き友でした。個人的には、イタチはフーテンの寅さんみたいな人かと思っていたのですが、大団円の1人となっていましたね。
山本先生の今後の作品に期待大です。やはり大河ドラマなど手がけられるのでしょうか。惚れる男性主人公だと素敵かも。個人的には現代だからこその「徳川家康」が希望。
プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。