スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Skyfall 」~ジェームズ・ボンドはどこに行く


007シリーズの新作「SKYFALL」を初日に鑑賞しました。
本拠地・英国では史上最高のヒット作とのことです。それまでのトップだった「アバター」が十一か月掛って作った記録を二か月以内で打ち破る快進撃!
英国では生きる伝説なのでしょうね。


個人的には監督のサム・メンデス氏の作品は好みの作品が多く、スタッフさんもダニエル・ボンドのお披露目作である「カジノ・ロワイヤル」組&メンデス組ということで大きく期待していました。


ダニエル・クレイグ演じるボンドシリーズは「カジノ・ロワイヤル」と「慰めの報酬」と二作続きましたが、今作「スカイフォール」との間には深い川が流れる印象を持ちました。
経験を積み、ボンドはベテランになりました。全二作と比べて、顔に深く皺が刻まれ、「伝説の」揶揄交じりですが呼ばれる007です。

演じるダニエル・クレイグさんの顔つきが変わったということではないのですよね。
(同年公開の「ミレニアム」でのミカエルはかなり若い役作りです)ダニエルが「スカイフォール」のボンドに合わせて作り上げられた貌だと思います。相変わらずの役者魂。

二時間半の中で、彼は自暴自棄になり、人を救おうとし、失い、相変わらずの無茶を見せて傷だらけになり、人を敬い、ジョークを飛ばします。

個人的には「慰め」から歳月がたち、組織の中での立ち位置も変わってきたのか、ボンドも「人の中で働く」ということを意識しだしたのかもしれません。今までにはない情感を感じました。クールで無駄な事しないボンド中佐も好きだったのですが、若さを失った代わりに、図太く人間味も増しました。
繊細で豊かな感情がなかにある男性だと、十二分に伝わって、惚れ直しました^^


そんなダニエル・ボンドと同様にずしりと重い二時間半です。
ドラマもアクションも密度が深く、例えるなら香り強く、フルーツやナッツの中身もたっぷり入り、長年持つブランデー・ケーキのような質感です。

「カジノ・ロワイヤル」のスタッフさんが復帰されたということもあるのでしょうが、ダニエルの全身を使ったアクションが至る所で見られます。とても無茶です。力技です。

ボンドカーにボンドバイク、そしてボンド重機も復活!

特に早馬を乗りこなすようなバイクの操縦姿は格好良いなと感じました。
ダニエルのボンドとバイクはよく合いますね。


モロッコ→ロンドン→上海→マカオと舞台を変えていくのですが、それぞれの画面のカラーが異なるのが面白い。上海は深海のように静かで美しく、マカオは猥雑で過剰。
特にマカオは、ディーラーの女の子の眼福なスタイルからカジノで飼っているペット…?まで「そこまでやるか」と感じさせるものがありました。

ボンドの好色ぶりもいかんなく発揮。男性にセクハラも受けていますがこの人ヘテヘテですね。原作でやらかした「いきなりタオルいっちょで女の子強襲☆」を見せてくれて鼻の奥がつんときました。ボンドはそれでいい!

でもとうとうカミング・アウトしてしまった気がしてなりません。ボンドシリーズの孕んでいた同性愛的志向を。今後もそれでいってほしいです。

最初から終わりまで、巨大な列車のように突き進むパワフルな作品です

「古い物が好き」とボンドの台詞であったように、現代と古い時代のものとカクテルされているのも面白さの一つ。「現代のジェームズ・ボンド」として疾走していたダニエル・ボンドシリーズですが、彼は古きものにも愛着を感じているようです。
MI6の仮庁舎のデザインや、ボンドの着る服など、クラシックの回帰が至る所に感じられました。「古い物が好き」という彼の根源も見えます。
要するに、古いところで育ったから…なのかな。

特に心に残ったことは、登場人物すべてが、機能的に繋がり何らかの美しさを表していたこと。ただの背景になっている人がひとりもいません。

ヒロインのセプリンは儚さを、Mの腹心であるターナーは忠誠を。
悪役のシルヴァはモンスターチックなカリスマ性を。一度はボンドを圧倒させたパトリスの俊敏さ。マロリーの厳しさ。(ボンドに対して赤点を示したのは、彼が同じ軍人かつ中佐で、体が動く限界を知っていたからなのではないかなと思います)新しいキャラクター、Qはなんだかとてもキュート。強面のボンド中佐のいなしかたもうまいうまい。
特にMは、今回の作品の核をなすヒロインですが、今まで培ってきた、彼女の格を強く感じました。

MはMの輪郭を失っていないのですよね。彼女自身に深くかかわる物語でありながら、ジュディ・デンチさんの育ててきたMの佇まいは損なわれることはありませんでした。
 

以下は私感を。ネタバレ含みです。

→続きを読む

スポンサーサイト

(007)鷹は舞い降りた

 ジェームズ・ボンド。英国インテリジェンスMI6の諜報員。
 任務の遂行の為なら、破壊や殺人も許され「白紙委任状」を持つ00要員。七番目。
 予備役の軍人で、階級は中佐。卓越した戦士で、魅力的な男性。
 彼がようやく帰ってきます。

 な が か っ た


007 on casino


 007シリーズは、私はロジャー・ムーア氏世代です。
 そのころは数年に一度は確実に見られる、ライトなアクション映画でした。度々テレビでも放映されていました ので、さらにお馴染み感が増していました。
 それに比べてダニエル・クレイグを主演に置き、刷新されたボンドシリーズは堂々とした大作仕様。
 毎回大きな話題になり、興行収益もぶっちぎりです。
 地方でも公開日に見られるのは嬉しい限り!


 しかし、前作「慰めの報酬」終了後、負債をかかえた製作映画会社MGMが身売り額をふっかけたことから、なかなか製作スタートができませんでした。
 本当なら今年公開の予定だったのですが、のびのびて来年11月に公開。
 エンタメ世界の罠に落ちてしまったような気がしてなりません。


 今回は首都ロンドンがメインステージのようです。
 ロンドン五輪で世界中の人々の注目を集める年にはぴったりかもしれません。夏は五輪で秋は007ですね。

 現在撮影中の、ダニエル・クレイグさん演じるボンド中佐。

 007 in rondon 2011


 精悍な一匹狼ぶりが増しましたね。
 少々やつれてますね。極地任務帰りなのかな・・・・・・?
 きっと00要員のなかではベテランになっているのでしょう。


 Bond22「カジノ・ロワイヤル」以降、悪役さんはシリーズの華です。
 今回はハビエル・ダルデムさんとレイフ・ファインズさん。なんと2人です。重量級だ~!今にも、シェイクスピアの悲劇が似合いそうな組み合わせ。
 レイフさんは最近特殊メイクの役が多いですので、「SKYFALL」では端正な姿を見せて欲しいなあと思います。
 ハビエルさんとは「白紙委任状」のダンとハイトみたいな関係になるのかな?


 ボンドガールはフランスの女優のベレニス・マーロウさん。フランス、北欧、カンボジアの血をひいている方だそうです。多国籍の美人さんです。

 個人的には、辣腕のスパイになったボンド中佐の私的な面を、ちらっとでも見られたら嬉しいなあと思います。
人を殺めようとした瞬間、うろうろと視線を迷わす演技が本当に好きです。タフでしぶといけど、ひたすら行動しし、本当は繊細な心理を持ちながらも強固に隠している。そんな彼の内面に深くコネクトする場面があったらいいなと思います。


 さらにミーハー心理ですが、彼の私生活も覗きたい。
 ダニエルはどこかで「そんなの知ってどうなる」と言ってた気もしますが、父親の代からの家政婦のメイとか、いるのかなあと想像しています。


 未だ伏せられているあらすじですが、ただジュディ・デンチさんのМが、深く関わっているとか。
「慰めの報酬」でも、英国の官僚と組織クオンタムかつながってましたし、政府が悪役側に立つこともありえますね。
 そしてMI6は国外問題専門で、国内にはタッチできません。
 首に縄をつけられてうろうろするボンド中佐が目に浮かぶような気がします。
 まして、上司であり叱り付けてくる母親のような存在だったМが敵か、味方か、となると、ボンドの精神力勝負になりそうです。


 予算が大幅に減らされたそうですが、面白いシナリオ&007の世界観さえあれば、世界中を旅しなくても魅力的だと思います。サム・メンデス監督ならなおさら。独特のボンド世界が始まっているでしょう。
 映画の神様が、「SKYFALL」に微笑みますように。


 さて、ここでおすすめのブログを。

 ―ボンドファンの方ならぜひとも搭乗をおすすめしたいブログです。

 Strangwaysさんの"Welcome to Goldeneye"

 原作とショーン・コネリー氏以来のボンドシリーズを網羅されており、007世界の大切なガイドです。旧作のスタッフさんの去就から、ヴェスパ嬢の化粧品ブランドまで^^
 長い間何度お世話になったか分かりません。中佐、これからも宜しくお願いいたします!

4月の13日

 本日はジェイムズ・ボンド中佐の(現映画設定)43回めのお誕生日です。敬礼~!
 1968年生まれの戊申でございます。
 一匹狼の中佐。ご本人は余り意識はされていないかもしれないのですが、危険な任務を潜り抜け、生傷を絶やさないまでもここまで無事に生きてこられたこと、とても幸いに思います。




 中佐との出会いは映画『カジノ・ロワイヤル』でしたが、あのサム・メンデス監督『ロード・トゥ・パーティション』の情けないギャング息子を演じていた俳優さんがどうやって世界一有名なスパイを演じていかれるのか、とても気になっていました。
 ただ、息子役の卑小さ、臆病さを真に迫って表現していたダニエル・クレイグさんが巨大な役を引き継がれることは、軟弱な息子が旅に出た話を聞くようで、少し誇らしくもありました。
 そういえば、当時のプレミアの写真では、トムさん、ポール・ニューマン氏、ジュード・ロウさん、ダニエルさんときてちょんぎられていた記憶があります。それ位知られていない人でした。
 そんなダニエルさんが、メンデス監督の大作に・・・・・と思うと、やはり感慨深いですね~。


 最初のダニエル・ボンドのグラビアで「!」と思い、予告編で縦横無尽に駆け巡るボンドに瞬きも出来ず、特にシッフルさんが登場されてから、わあ正反対だ~、わあカード弄んでる素敵!わああれは確実に○問シーン髪乱れてる!!と胸がドキドキワクワクしていました。(ご、ごめんなさい、でも、シッフルさんが生きることでボンドも輝く面があると思うのです~)
 予告編の段階から惹かれていたのは、この映画が始めてです。


 ただ拷問シーンにきて必死で「ここで噴出すのは不謹慎!」と必死で堪えていた記憶があります。あの場面は、拷問も交渉の一つ、と感じさせられましたが、大きな画面全体からムッと漂う疲弊感がありました。
薄暗いスタジオで、強い光に照らされ、不惑近い男二人がダラダラと汗流して多分ちょっと臭くて、2日間みっちりと熱演していた時の「かんべんしてくれ」なムードだと思う。
  マッツ「目がきかねで手がすべるべ」
  ダニエル「しゃらくせえ!さっさと打ち込みやがれい」
  (東北弁&江戸弁にしてみました)

 それと、今見直しても、やっぱり脱ぎすぎですね、ボンド中佐^^;

 原作ボンドは元気でしぶとい、やや無邪気な英国青年の印象。女遊びもするもものの、ヒロインには本気で恋して、時たま放つ罵詈雑言がたまりません。

 五人の俳優さんそれぞれともぴったり重なってはいません。ダニエル・クレイグさん演じる中佐は、時たま無骨な軍人っぽさを出していますからね。人の命を簡単に手にかけるとする残酷で獣的な面もあります。『慰めの報酬』でMに諌められていましたから、次回は少し収まるかな。

 余談ですが、『カジノ・ロワイヤル』の冒頭などで、中佐が自分の腕で標的を殺害する時の視線の揺らぎがとても好きですね。どこか戸惑っているような揺らぎがあります。命を奪うことの重さは彼は間違いなく感じていると思う。

 『慰めの報酬』は、映画の娯楽性からは『カジノ・ロワイヤル』から見ると物足りなさがありますが、うろつく手負いの獣みたいな中佐の存在感は素晴らしかったです。前作とは全く違う作品作りをした製作陣の決断にも拍手をしたいです。

 個人的には、『カジノ・ロワイヤル』が中佐100・ヒロイン100・敵役100・シリアス100・娯楽120(主役の裸120)がなら『慰めの報酬』は中佐120・ヒロイン100・敵役80・シリアス120・娯楽80(美的風景120)です。
 敵役は、私はグリーンさんには『ミュンヘン』のルイさん&原作のマスターズさんを期待していたので、もうこれは私感に過ぎません。
 マチューさんの生々しさと凄みのある演技力を思うと、グリーンさんの内面にもっと接近して欲しかったなと。 そういえば敵役の描き方のみ、カジロワと慰めは似ている気がする。役者さんのカラーは違うのに。

 BOND23も「恐怖映画監督」(TWITTERのフォロワーさんの評価より*^^*)サム・メンデス氏、多分新しいボンド映画を作ってくれるでしょう。

 フレミング先生の原作では、ボンド中佐は妻を亡くし、PTSDで使い物にならなくなり、日本で記憶を喪いまた結婚し、最後に追い続けていた組織から洗脳を受け、そして復活します。こう書くと山あり谷ありどころか、断崖から絶壁までの人生です。
 ダニエル・クレイグ演じるボンド中佐が、どんな道を辿るのかはまだ分かりません。彼にとって誤りや未練の無い、望んだ通りの道を進まれていってほしいと思います。そして、いつも、幸運の女神がそちらの元にあることを、願っています。


 私は映画僻地と呼ばれる所に住んでいて、シネコンまで車で二時間掛かります。新作とか話題作を観にいくのは一苦労で、スタミナも無く思い切りも悪い人間は、観るのを諦めることも多々あります。
『慰めの報酬』は元々世界同時公開から大きく遅れての公開でしたが、更に僻地は国内公開時すらも見られるか分からず、それなら見れる所まで出ようと決めていました。でも、公開決定館がシネコンからどんどん近づいてきて、とても近い場所の映画館でも見ることができました。
 しかも日本で最初の公開時に。飛び上がるくらい嬉しかったです。痛いやつですが天使が舞い降りた、縁がある!と思いました。この喜びは多分、限定された地域の人しか分からないものです。でも、不便だからこそ持つことのできた、忘れられない思い出です。

 BOND23はまだまだ先なので、私自身がどうなっているか分からないのですが、ダニエルさんや監督、EONプロの方々、製作陣の方々にトラブル無く、パワフルに順調に遂行されていくのを願うばかりです。前回は本当に事故続きでしたから。
 3月8日は「国際女性デー」の最新型ボンド中佐のスマートな姿に期待感が高まっています。もう「軍人」とは言えないですね。
 スクリーンの向こうの彼が、いつでも輝いていますように。

007・女性態

 昨日3月8日は「国際女性デー」でした。
 英国では、写真家のSam Taylor-Wood (サム・テイラー・ウッド)さん監督の映像が流されました。
 監修に007シリーズ製作会社・EONプロダクションのBarbara Broccoli (バーバラ・ブロッコリ)さん、ナレーションにM役のJudi Dench (ジュディ・デンチ)さんが加わっているので、007の新作と呼べるかもしれません。
 ダニエル・クレイグさん演じるジェイムズ・ボンドが女装しています。

http://www.youtube.com/watch?v=gkp4t5NYzVM

 拝見していて、すごく感慨深かったです。
 007シリーズは男尊女卑の色濃い映画でもありましたから。
 多少強引でも美女をgetできたりとか、お色気多発ならともかく、理解不能だったのは女性に対する暴力描写も差し込まれてたこと。スパイを疑うヒロインの頬をボンドが打って白状させようとするシーンは何度かありました。
 ロジャー・ムーア氏シリーズの中盤くらいまで続いていた気がします。
 今はボンドの方が殴られていますね…^^;
 イアン・フレミング先生の原作では、ボンドは一度も女性に手を上げてません。
  
 同じ頃に作られたミュージカルでも「高飛車な女性に手を上げて、男を上げる」みたいな場面がありましたので、思うに、この時代のエンタメではそういう描写も、ラブシーンと同じような扱いだったのではないかと思っています。
 それも踏まえての今回の演出だとしたら、とっても大きな皮肉です。


 「国際女性デー」で求められていることは、まだ、叶えられるのは難しい世界ですが、数分のフィルムに、ブレイク・スルーの力が篭められているのでしょうね。


 そしてテイラーさん撮影のダニエル・クレイグはとても魅力的。思索に耽る表情を良く撮られているのですが、皆とても美しい。一番に映える瞬間なのでしょうか。
 映されているのは、「今のボンド」なら、「慰めの報酬」のロシアの場面のボンドからさらに滑らかになった感じ。
 巖から氷への変化のような。
 元軍人から「諜報部員の顔」への仕事が彼を磨いたのか、それとも難しい恋愛真っ最中なのか。
 とはいえ、Mを見返してやる!という気持ち満々なのは、カジノロワイヤルのマンション潜入時から同じですね。

 

中佐、ご帰還

昨日、2011/1/13に、ようやく『bond23』が製作、公開されることがMGMより発表されました!
今年後半から撮影開始だそうです。監督はサム・メンデス氏、脚本はニール・パーヴィスとロバート・ウェイド氏のコンビと「グラディエイター」を手がけたジョン・ローガン氏。
 噂されたピーター・ モーガン氏は降板になったのでしょうか。
 
 『casino royale』が2006年公開、『慰めの報酬』が2008年。しばらくお休みを取られるとして今年辺り公開かな?と思っていたのですが、伸びてしまいましたね。
 百鬼夜行のエンターテイメント世界とはいえ、大ヒットして、先を期待されている映画の次回作がなかなか見られない。そんな自然の理に反することは無い、と思っていたのですが、宙ぶらりんの時期が長引くと不安感も増してきました。演じるダニエル・クレイグさんも不惑。様々な役に挑まれる頃ですが、でももう彼の中佐に会えないのも寂しすぎると。・・

 MGMという巨象も背負う荷物を整理し、新たな出発を始めたようです。
 『慰めの報酬』を地元の映画館で見た時「彼のシリーズが続けて観られることはとても幸せだ」と思いました。それが実現できること、嬉しく思います。ダニエルもほっとしているのではないかな。

 さて、悪役は?ボンドガールは?Qは復活するの?と気になることばかりですが、11月の撮影に向かっておいおい明らかになっていく筈。日々楽しみに待っていこうと思います。


 ジェイムズ・ボンド中佐、お帰りなさい!
 世界中で中佐の帰還を待っている人は多くおられると思うのですが、『慰めの報酬』を観た時、「シリーズがあと少し続いて、また中佐の新しい顔が見られるのはとても幸せだ」と思いました。
 中佐と、演じる中の方が充実した日々を過ごされ、またいつも幸運の女神に守られていきますように。

 以下妄想要素が大きくなっていきますので、たたみます~。

→続きを読む

プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。