スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(追憶書き)映画「弥勒」神戸KIITO FIlm Orchestra & spacial art installation ver.

八月十日、神戸市にて開催された林海象監督の映画「弥勒」のイベントに行ってきました。
京都造形大学の学生さんと、教授を務める林監督の共同作業によつて製作された映画です。原作は稲垣足穂の「弥勒」。
この映画は通常の映画のようにBGMが収録されたものと、無音で収録され、映画館にて生オーケストラの演奏と共に鑑賞するもの、二つのフィルムがあります。

今回は生オーケストラバージョンでした。もちろん指揮者は音楽監督の渡邊祟さん。

会場のKIITOは、元は海外に輸出する生糸の検査場でした。
歴史のある場所です大変広大な建造物で、そのホール全体が会場でした。

主演俳優・永瀬正敏さん撮影の写真のもとには花が飾られ、薄暗い会場に入ると、真ん中には映画中に出てくる「ファルマン三型 複葉機」の原寸大の模型が。
その周辺に、画家のはまぐちさくらこさんのライブドローイング、映像作家の東海林毅さんによる、足穂作品の言葉から創り出したCGタイポグラフィー作が公開されていました。
「弥勒」の一映画のもとに、多くのアーティストさんが集っていました。

永瀬さん写真の前に飾られた花


ゲスト出演は京都で活躍されるパフォーマンス・グループ「GEAR」の皆さま。
映画のオープニングに誘導してくれました。
心を持つ人形と、ロボットの交流。人形によって特殊な力に目覚めたロボットたちは、マイムにマジックを披露してくれます。自分たちでできたことに驚きながらの披露は可愛かった。

山田章博さんのイラストが好きで、GEARのアクトはいつか見てみたいと思っていたのです。「弥勒」が夢をかなえてくれました。

GEARのメンバーが誘うと、複葉機に「弥勒」の少年たちが現れます。

「弥勒」は、稲垣足穂の投影でもある、主人公江美留の少年時代と青年時代、二章に分かれています。
少年時代の江美留と友人達を演じるのは、学生さんからオーディションした女優さん達です。透明感があり、初々しく凛々しい少年たちでした。

そして青年時代の江美留を演じられる永瀬正敏さんもおいでになっていました。
お忙しい間を縫い、会場の設営に長い時間携わっておられたようです。
映画の終了後は、映像作家の須永秀明さんのアート・フィルムが公開されました。
少年役を演じられていた女優さんが、今度は「女」の様々な貌を演じています。
白が基調の画面で、静かな音楽の流れ中で声なく踊り、泣き、笑う女達。
神戸公演だけの上映だとしたら勿体ない、綺麗な作品でした。
まだ役者さんのピュアな存在感があるからこその美しさだと思います。
時折映し出される永瀬さんの皺の深い男の貌との対照が強く印象的でした。
いつかDVDで拝見したいです。


「弥勒」の叶えてくれた夢がもう一つあります。
私は永瀬正敏さんのファンです。もう四年になりますが、実際に同じ場にいられたのは今回が初めてです。関西は映画の撮影にたびたび来られていたのですが、イベントとして表に出てこられることはあまりありませんでした。

今回はサイン会まであり、永瀬さん、監督をはじめ、出演者様から頂きました。
永瀬正敏さん。
丁寧な物言いをされる、穏やかな方でした。
白い軽そうな素材のロングコートに、同色のシャツ。
差し色としてターコイズブルーのジャケット。大変にセンスの良い方なんだ……と実感しました。夏らしくて爽やか。でも「弥勒」の世界とどこか重なるような雰囲気があり。そして華奢!

サインを書く時も、とても丁寧に対応してくださりました。
サイン頂いて良いですが、とお願いすると「こちらこそ、いいですよ」と快くオーケーてして下さりました!どこから来たのかと言うととかなり驚かれていた感じでした(汗)

私は地方の一ファンにしかすぎないですが、永瀬さんはただでさえ多くの人に会い、多忙なさなかだというのに、真摯に向かい合って下さいました。
握手させて頂いたのですが、やわらかで温かな、でも手を使い仕事する人の手の印象を受けました。

今まで、映像か写真類でしか永瀬さんに触れることが無く、どこかスクリーンの向こうの世界に住む人、という印象がありました。8月でようやく、同じ世界の人なんだなあと実感が沸きました。

永瀬さんファンの素敵な皆さまとも、Fbやtwitterでお世話になっていたのですが、今回はじめてお会いすることができました。前日も、今回はお会いできない方からも、メールでサインの貰い方などアドバイスも頂けて!本当に勿体なく嬉しかったです。

次に永瀬さんが出演されるような催しに出る時はもう少し外見とも精神とも磨いていきたいと思います。

あまりにすべてが幸せな日で、その後日常に記憶が埋もれてしまうのが惜しくて、帰ってきた後は一日寝ていました。その後しばらく時間が経って、日常に記憶が薄まってしまうのが辛くて、ここに記録しておきます。

今月21日には、青森県黒石市「津軽伝承工芸館」で生オーケストラバージョンの公開があります。何と野外上映です。もちろん林監督や、永瀬さんをはじめとする役者さんも登場されます。
更に新しい演出での女優さん達のお芝居、オリジナルの映像作品の公開もあるようです。
青森パーションオリジナルの最新の音響を設計されているとか・・・・・・。贅沢な催しになりそうですね!

北の地の方、美しい夢を見たい方、週末には青森に足を向けられてみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、設営に携わられた京都造形大学の学生さんは、大きな創造力を発揮されていました。
創り出す側だけではなくて、チケット購入の時でも大変お世話になりました。
学術の傍ら、一つ映画製作やイベント主催に携わられるのは、並大抵の底力ではない気がします。
ブログでも書いたビブリオバトルの時のように、創造力、伝達力を兼ね備えた人々に感じます。
今後も、学生さんや卒業生さんの携わった作品に触れられるのを楽しみにしています。

→続きを読む

スポンサーサイト

「Aの記憶」永瀬正敏・旅をする男

 3月11日、BS朝日にて「Aの記憶」を見ました。
 永瀬正敏さんが、東北の青森県に通われ、青森の人々や芸術を撮影されていくというドキュメントです。 青森県立美術館にて17日より個展も開かれます。
 
「青森朝日放送開局20周年記念 永瀬正敏写真展 "Aの記憶"」

 青森県ははるか遠い地で趣味のPBMでお世話になっている方がおられる程度の知識でした。東北は岩手を何度か旅しているのですが、青森は足を踏み入れたことがありません。


 永瀬さんは歴30年になる映画俳優さんですが、同時に趣味の域を超えたカメラマンでもあります。知っている限りでは、映画版濱マイク(1993~)の頃から撮影を続けられていたと思います。

写真家永瀬さんのお仕事の一つ。良い顔されてます。

 雑誌にも度々作品が載っているのですが、纏まった写真集の刊行や個展はいまだなされおらず、美術館のギャラリーでの写真展開催は今回が初めて。


 ドキュメントは空港から降り立ち、岸壁や採石場、湖畔など青森の様々な場所を撮影して歩く永瀬さんの後を追っていきます。よく知られた観光地は取り上げてはいないようです。
 5カ月の撮影期間の間、ロケーション探しも丹念に行なわれたのだと思います。


 最初は軽装だったのが、最後は厚いコートにマフラーぐるぐる巻きというスタイルに、季節の移り変わりを感じます。
 通して、晩秋から真冬の、曇り空の元に強い風が吹く天気が印象的でした。永瀬さんもロングカーディガンやコートをはためかせての撮影でした。


 最後の撮影のあたりなど、凍みた道路の上を、鳩といっしょに滑りながら歩かれていたりして、冬の辛さが伝わりました。
 (今回永瀬ファッションも充分に拝見したのですが、冬に凍みる土地は普通のブーツだと大変かもしれません。)

 暗くなる中、衣装を着られた方を撮影するなど、時間との戦いもあったのではないでしょうか。


 青森では被写体の方や、スタッフの方すべてに丁寧に対応される姿が印象に残りました。物静かで、口数は少ないけど表現は的確で。礼儀をとても大切にされている方だと思いました。


 対する青森の人々も、淡々と向き合われていました。
 三味線奏者の方の笑顔が印象的でした。
 年の瀬の神社の風景は、寒気深い中の賑わいが伝わり、見ていて心が温かくなりしまたよ。


 今年の青森県は特に豪雪被害ばかりに注目されていたのですが、美しさや風俗など様々な面が永瀬さんの写真によって知ることができるのではないかなと思いました。


 永瀬さんの映画俳優としてのお仕事も、写真家としてのお仕事も綿密さや真剣を感じます。
 時間と集中力をかけられるか、または身を削って取り組まれるか。
 映画「毎日かあさん」では、12キロ減量、今回は青森に通われて3万枚撮影(写真展で展示されるのはそのうち500枚とか)など。


 効率性とか器用さとかとはかけはなれたやりかたではありますが、そうしてやがて一つの格を得ていく永瀬さんの姿は、メンタルぶれぶれの自分には格好良く見えます。


 かつて写真館を営まれていたお祖父さんの姿も目にしました。お若い頃の写真でハンサムさん^^
 今後は全国を回って、47冊の写真集を作りたいとのこと。
 永瀬さんの経歴に「旅人」という言葉も加わりそうです。


 時代劇「隠し剣 鬼の爪」で、田舎で一生を終えようとする侍が、やがて旅立っていくという役を演じられていて、山田洋次監督は永瀬さんに対して「美男子なのだけど地方出身者の匂いがする」と表現されていたのですね。林海象監督も「地の匂いがする」と言っておられました。


 また、「お年寄りの顔」をよく撮られるといわれた永瀬さん、人が積み重ねられた時間に、センサーが働かれるのかもしれません。


 その土地に長らく住んでいる方しか撮れない写真もあると思いますが、旅をする人だから、地の匂いに敏感な人だから撮れる写真もあると思います。


 これから旅をされる中で、どんな写真を撮られていくか、どんな人をファインダーに収められるのか、是非見てみたいと思います。次は「M」。永瀬さんにとって一番身近な土地宮崎県に行かれるそうです。

 私は遠隔地なので見にいくことはできないのですが、近隣の方、ぜひ春の青森県立美術館、「Aの記憶」を見にいかれてくださいね。


(愚痴的夢想 )もう本気で、日本海新幹線を望んでしまいます。
山口~山陰~石川(能登演劇堂だよ)~山形(月山見たいでがんす)~青森。それぞれ陸の孤島なんですよね。
ですが、山陰の右側内で新幹線をつなげるだけで数千万と知事も言っていましたし、私も一つ一つ旅していくしかないですね。

永瀬正敏さんのこと

先日7月15日は、映画俳優の永瀬正敏さんのお誕生日でした。
心から、おめでとうございます!


 今年で45歳、映画俳優歴は16歳の時相米慎二監督の「ションベンライダー」から始まり、26年になられます。

 その間、ずっとスクリーンの向こうの人でした。

 日本の映画は浮沈が激しい時代でした。
 戦後から高度経済成長期までの邦画黄金期が途絶えて、巨大な映画産業が一気に収縮した頃ではないでしょうか。
 世紀が変わった頃はまだ、寅さんなど一部の愛されるシリーズを除き、映画鑑賞は一部の人の趣味だったように思います。

 その間、永瀬さんは映画俳優として演じ続けてきました。
 私も全く映画は見ない学生だったのですが、「ミステリー・トレイン」、「息子」、「濱マイク」の名前は知れ渡っていました。
 特に「ミステリー・トレイン~息子」のあたりは、はじめてハリウッドに認知された邦画俳優として大いに注目されていました。
 何度か永瀬さんブームというものもあった気がします。

 私は、実は永瀬さんは少し苦手でした--;
2001年頃、CMにも映画にも一杯出られていた永瀬さんはとても身近な「日本の青年」でした。
身軽で、とぼけていて、お洒落で、それでいてあまりに身近で、どこが格好良いんだ!?と思ってました。
当時は宝塚追っかけだったのと、重すぎる人間の自覚があったので(今でもそうです)永瀬青年の体現する「軽やかさ」は手が届きそうで届かないものだった気がします。

 好きになったきっかけは山田洋次監督の「隠し剣、鬼の爪」なのですが、見た当初は「ふろしき広げすぎ」が感想でした。
 数年後見直して、この物語の核は片桐宗蔵だと思った次第です。

 なんだか・・・・・・長らく応援されていた方に申し訳ない事ばかりです。

 本当は物静かで、謙虚すぎるくらい謙虚な方と分かったのはここ最近で。
 言葉を選びながら語る人で。ご本人はしゃべりは苦手、と時折語られていますが、よい聞き手さんでもあるのだろうなと思います。また、とても人縁を大切にする人のようです。

 「毎日かあさん」の三週間で12キロダイエットされたと知った時は、もともと細い方なのに、どうして更に身を削るんだ~なんて思ってしまいました。全身を役柄に溶かしていくような、まっすぐで真摯な向かい合い方をされている気がします。

 個性のある人が、その個性のみずみずしい部分を保ちながら、一つの表現されるお仕事を続けられていたことを一つの奇跡のように思えます。その間、作られなかった映画もありましたし、体調不良で仕事ができなくなってしまった事もありました。

 永瀬さんの出演される映画作品は、様々な形態のものがありますが、大作も小品も、永瀬さんの演技の体臭が失われずに残っています。

 永瀬さんのような俳優さんを目指す若手の方は少なくはないと思うのですが、26年かけて研ぎ澄まされた形に、同じように到達できるのは本当に難しい気がします。

 茶目っ気のある30代の頃と比べ目が鋭く、よい貌をされていると思います。
 ヨーロッパの俳優さんのような佇まい、と思っていたのですが、永瀬さんは永瀬さんですね!
 これからも、スクリーンの中で永瀬さんの貌と向かい続けたいと思います。

 どうか、これからも、スクリーンの向こうで更に深い輝きをもたれていかれますように。
 たくさんの人生を演じられ続けていかれますように。
 何より、お元気で。


 永瀬さんの撮られる写真も好きです。「東京カレンダー」の連載、あと二回で100回!
 白黒写真が主で、不思議な生命の重みを感じる写真ですよ。



●高砂的永瀬映画は、

「隠し剣 鬼の爪」の宗蔵さん(別格です)
「五条霊戦記 GOJOE」の鉄吉ちゃん(元気一杯です)
「贅沢な骨」のシンタニさん(耽美です)
「毎日かあさん」のおとしゃんも好きだし、「学校Ⅱ」の先生も好きだ! です。
 濱マイクちゃんは映画とドラマと二つの貌を持っていますね。

 わがままを言えば、もう一度時代劇を見たいかも。
 そして1回は永瀬さんの劇場挨拶を観にいきたいなと願っています。






プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。