スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の新星~ノバ・ボサ・ノバ~

 今回の再演は星組でした。
 ソール役はトップの柚希礼音さん。
 以前より重要な役を演じていた男役さんだったのですが、改めて舞台姿を見ると、恒星のように力強いスターさんです。

 宝塚のトップになる人は、キラキラと美しい夢を見させるのも仕事ですが、轟悠さんや久世星佳さんのように、生々しい心の叫びを劇場一杯に満たせる表現力もあることで更に輝ける人もいます。
 柚希さんもそういうトップさんなのではないかなあ、二番手時代の「スカーレット・ピンパーネル」のショーブランを観て思ったのですが、その通りでしたね。
 
 オーロ・マールとメール婦人は役代わりでした。
 
 オーロ・・紅ゆずるさん
 ちょっとワルな青年といった所でしょうか。 
 私が前回の香寿たつきさん&紫吹淳さんの、濃い男役が好きでしたので物足りなくはあったのですが、今回のオーロも、明るさがあり素敵でしたよ。
 マール・・真風涼帆
 役代わりで学年の近い生徒さんで纏まった為か、存在感が増した気がしました。
 雪&月の、得体の知れないオーロの欲情の被害者みたいな存在から、対等の恋敵として立ち上がっていましたね。ブリーザといる時が暖かくて、本気で彼女を愛していたのが伝わりました。
 メール婦人・・夢乃聖夏
 肉感的でセクシーでした。綺麗で若々しい奥様でした。
 ブリーザ・・白華れみちゃん
「ブリーザ」は風、という意味みたいですが、その通りに軽やかに通り抜けていった印象です。2人の男の間で悶えるシーンは、「困惑」の表情。生々しさが減った分ブリーザの純粋さが浮かび上がった気がします。
 エストレーラ・・夢咲ねね
 ねねちゃんエストレーラもうまかった。
 素顔が本当に可愛い人なのですが、舞台でも細やかな演技をされていました。「今日はカルナバル」は、白いワンピースにスリットが入ってドキドキ。色気増しました!
 あの「可愛い」という言葉が具現化したようなピンクのパレード衣装、よく似合っていました。


 さてさて、今回注目はルーア神父です。
 今回は通しての役で、涼紫央さん。上級生で「星の王子様」と呼ばれているらしい方。

 実はすずみんさんは、かつての贔屓の汐風幸さんの役(花の業平東京公演/藤原基経)を新人公演で演じられていた生徒さんで。
 しかも、その役を「心に残る役」として大切にしてくれている方で、なんとなく、その後が気になっていました。

 幸ちゃんの基経役もファンとしてはうれしかったです。名古屋まで追いかけたなあ。
そして幸ちゃんがインフルエンザに掛かって、組の総見だというのにショーでは消えていたという歴史が・・・・・・orz
 幸ちゃんのルーア神父がなければ、私の宝塚に嵌まった数年間は無かったなあと思います。今更回顧なのですが、哀しかったり、腹立たしい思い出は一つも無いんですよ。

 そのため特別にすずみんルーア神父の役作りが気になっていたのですが・・・・・。

 こんな美しいルーア神父は見たことない!! 椅子から転げ落ちる気がしました。腰抜けました。
(幸ちゃんごめんなさい!!)

 なんというか、幸ちゃんの柔らかい洒脱な神父なら、すずみんさんの神父は硬質、繊細な神父様です。雪組神父が信仰深く、一見うぶながら世事に興味津々で、シスター・マーマの恋愛感情もちゃんと分かった上で、手のひらの上に乗っけているような人なら、星の神父は純粋無垢。それこそ修道院の奥で暑い外界の光にも当てられることもないまま育った人を想像してしまいます。
 ですから「あ、そう」という返しもこの人意味わかってんのかな~と思ってしまう。
 
 笑顔は子供のように無邪気で、シスター・マーマに本気で脅えているし。物凄く可愛かったです。

 カーニバルはキリスト教のお祭なので、パレードの始まりを告げるのは神父です。
 役名は「キリスト」。実はたおやかで優雅でした。
 神父は歌唱力も表現も、ラブコメのセンスも、悲劇を見守る眼差しも必要で、でもあくまでお祭を楽しむ狂言役としての良い意味での軽さも求められる、難しくて大きい役なんだ。と改めて実感しました。
 すずみんさん、要チェックです。金髪ベリーショートの普段姿も惹かれるものがあります。
 でもちょっと痩せすぎかな?心配ですよー。

 インパクトがあったのは、カーニバルのダンサー「ビーナス」の礼真琴さん。ビキニ姿で現れるのですが、全身の筋肉の動きに圧倒されました。腹筋が割れてます!アスリートのようでした。

 もう1人注目していたのは、ひろ香裕さん。初舞台後まだ三年目の生徒さんです。
 twitterでお会いしたフォロワーさんから(三船敏郎ファン仲間です)教えて頂いた生徒さん。元プロ野球選手の大豊泰昭さんの娘さんです。

 ソル・エ・マルのカリオカの男や上手コーラスグループ、ねねちゃんのカルナバル場面のラインダンサーなど、大切なショーの場面で必ず出ています。
 お父さんの現役時代も教えて頂いたのですが、一刀両断の振りがそっくりです。
 他の生徒さんより1.5倍は歌い、踊っています。注意しなくても、ちゃんと見えましたよ。とてもパワフルで、大きく見えます。本当にこの舞台が好きなんだ!と伝わってきます。これから舞台の真ん中に立つ機会が増えれば増えるほど、その元気に触れる人も増えていくのでしょうね。東京でも頑張れ!


 舞台作品としての完成度、歌唱力や演技力の豊かさは雪組のほうが上と思います。(ごめんなさい、これは下げられない)
 でも、ライブで見れたのが何より尊い経験でした。一度生の舞台を見たいという夢が叶えられて、本当に嬉しかったです。当時は仕事を辞めたばかりで、エネルギー枯渇状態だったのですが、星組の皆さんとノバが、見えない熱風を注いでくれたような気持ちになりました。

 少しになってしまいますが、お芝居「めぐり会いは再び」の感想も。
これは、かつて「りぼん」読者には懐かしい気がする作品でした。もしかして脚本家先生と同年代かもしれません・・・・・・。
 主人公2人が隠れ見しているだけで物語は進み。新喜劇チックなドタバタもあり、それで何となく纏まってしまって、すとんと大団円。
 ですが、それぞれすれ違っていたカップルが纏まっていく様には何か幸せな気分にさせられます。
 猪突猛進男が3人も居たので、星組さんは熱い組の印象が更に強くなりました。外見は綺麗な人が多いのに、なんかど根性の演技される方が多いので、これは組の個性かも。
 前回の「愛と青春の旅立ち」ではブートキャンプの場面とかあったらしい。見ればよかった・・・・・・!

 星組の皆様、有難うございました。「オーシャンズ11」も楽しみにしています!
 3時間通しての一本物、2001年ハリウッド版かフランク・シナトラが演じた「オーシャンと11人の仲間」かどちらか気になる所ですが、シナトラ主演のクラシックな1960年版も面白そう。


スポンサーサイト
プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。