スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KANO」~高い熱度と、吹き抜ける風

 大阪アジアン映画祭、オープニング作品「kano」を鑑賞しました。
 台湾の西南部の街、嘉義にあった高校「嘉義農林高校」が、日本統治下の1931年に全国中等学校野球大会で準優勝まで進出したという実話をもとに作られた映画です。
 タイトル「KANO」は「KANO」から採ったもの、中等学校野球大会は現在甲子園で行われる全国高校野球大会ですね。

 すべてにおいて力強い映画でした。
 若い球児たちの、教え導く近藤先生の、ダムを作り上げる八田技師の、体温が伝わってくるように高い熱度を感じました。
 ひたすらにまっすぐ一本道のドラマです。
 のどかに遊び半分に野球生活を楽しんでいた生徒たちが、かつて日本の中等学校野球大会の指導で挫折した近藤先生と出会い、野球の技術を学んで甲子園に出場する迄。
 日本統治下の物語なので、部員たちは日本人名、日本語で話しています。大阪出身の子は大阪弁を話していたりします。日本人と漢民族、昔から台湾の地に住んでいた原住民の血筋の人、3つのルーツの少年たちで構成されたチームです。

 ライバル学校との戦い、卒業していく高校生たちとの別れ、ひたすらのひたむきな努力、そして甲子園へたどり着く。
 
 高い熱度を持ちながら籠らないのは、出てくる人のほとんどがさわやかな佇まいだったからでしょうね。豊かな水郷の上に吹く風のように涼しい風が流れていきます。

 近藤先生は私財をなげうって指導に当たりますが、生徒たちとの関係は野球のみを通して教え導く立場を守っています。近藤先生を支える奥様も、娘たちも明るくて可愛らしい。  
 とても魅力的なシーン、美しい場面をさっと撮り、すぐさま時間は移り変わっていきます。
 これみよがしな場面が一つもありません。

 ちょっと笑える所も多い。
 先生のいう事をそのままストレートに真似る天然の男の子とか、眼鏡をかけている子に「メガネ」と呼びかける近藤先生の言葉とか。

 ネガティブな負の視点を持っていません。それらしいのは、野球チームの人種構成を揶揄してくる日本の新聞記者だけですね。負の面や弱さを中心に描いていくのはドラマの源かもしれないのですが、大画面で3時間人の目を引きつけておける力を持つのは、人の持つ陽の面が、圧倒的に輝いていたからではと思います。

 途中から、甲子園に初出場しながらも敗れてしまうチームのキャプテンが登場します。彼も、嘉義の少年たちと同じくらいに丁寧に描かれています。

 敗者の立場になるキャプテン役の俳優さんがとても美しい、いい面構えしていて、大変な努力して甲子園にたどり着いたのだと分かる。だからこそ、嘉義の野球の持つ凄さを見抜いたのかもしれない。相手の強さを見抜いた上で負けた彼が、嘉義の存在を、長く心に残し続けて、やがて台湾を訪れる場面も忘れられません。
 彼の上に流れる時間と、台湾と日本の歴史が重なっていくのです。

 嘉義農林高校の、無垢で無心なエース、アキラくん。ムードメイカーで天然ぶりが可愛い平野。家族に愛される、ど根性の小池。
 農林高校の先生たち。ただいるだけで絶対的な存在感を見せている近藤先生。
 永瀬正敏さんファンですが、これほど、大予算と人員を投じた大作映画の画面に生える存在なのだと改めて知りました。スケールの大きさと、俳優さんの持つ人間性の蓄積が相乗効果になっていました。理屈ではありませんね。古武士のような少しの疲弊感も色気となり、これは30年間の、高山のように聳える永瀬正敏さんの俳優歴があったからこそ、創り出せた人物像の気がします。
 いつも柔和な笑顔の八田技師さんの佇まいも素敵でしたね。

 この映画の鑑賞中に、思い出した台詞がありました。
 好きな漫画の中の言葉で、漫画の中では最も壮絶な風景のあと、放たれた言葉です。
「KANO」の終盤戦、アキラ君の投手を務める姿を見て連想しました。

「その朝がくるなら私たちはその朝に向かって生きよう 私たちは血を吐きつつくり返しくり 返しその朝を こえてとぶ鳥だ!」

 なるべく早くに公開されてほしいです。
 一番の希望は8月の甲子園シーズン!
 北海道の、九州の、横浜、日本全国の球児たちに見てほしいです。
 球児だけでなく、何かに打ち込む人々たちすべてに何かの力を与える映画だと思います。
 (あと、忘れてはならないのですが、野球部の若者たちはは爽やかなイケメン揃いですよ^^)


→続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。