スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院していました

時間がたつのはあっという間で、もう一月前になってしまうのですが、一週間入院していました。病名は「虚血性大腸炎」。

ビロウな話になりますがご勘弁ください。
一日中なんとなく胸の下あたりが苦しかったのですが、夕食の油ものがキーになってしまったのか、夜10時にきりきりと搾り取られるような腹部の痛み、悪心、寒気に下痢が起こり、そして下血がありました。

それまでにもこういう症状はありましたが、今回は次の日の夕方になっても下血が収まれりません。家人に車で送ってもらってそのまま入院しました。

同時期に緊急に罹っていた方は、熱中症とか40℃の発熱の方もいました。しんどそうだった。・・

感染症の疑いがあるということで、最初の2日間は病室に居続けでした。
点滴のみで横になっているしかないのですることといえばテレビと読書と妄想です。

テレビの「あまちゃん」を楽しみに、あとはひたすら本を読んでいました。
アキちゃん可愛い。

宮部みゆきさんの「小暮写真館」、中上健次全集など。
最近は中上健次をよく読んでいるのですが、病中に「熊野集」はちょっと濃厚過ぎました。死とか血とか性描写多いよ。
説話的世界から日常の世界まで、紀州を舞台に時代を縦横に行き来語っていく文章は、引力がありました。「蝶鳥」「海神」「勝浦」「葺き籠り」が好きだったかな。
全集の裏表紙には中上さんの肉筆原稿がプリントされていて、まるで呪文のように見える独特な文体なのですが、書かれている文章は透明感がありますね。「淀んでいながら清らか」の表現通りです。

内視鏡検査も初めて受けました。腸がターンしてるところに管が当たると腸の中から痛みます。冷や汗かきっぱなしで、看護師さんに足押さえられてました。
自作の腐作品の人々が頭に浮かんでいました彼らにごめんなさい。

家人は毎日来てくれましたし、義理実家も実家の身内の人にもお世話になりっぱなしでした。もっと重い疾患で治療中の身内もいたのに、有難いやら申し訳ないやらでした。
同室の方とたくさんお話しできたし、わざわざお見舞いに来てくれた友人もいて、人の有難さを感じました。
健康が一番です。私も入院するまで、胃腸の具合が悪いということに全く気が付きませんでした。(後から、飲んでいる心療系の薬は便通を悪くする作用があると助言受けました。そうなのか。)

ちなみに入院費は高額医療ぎりぎりに。
保険も古い型のままでしたので痛い痛い;0;最低限、入院一日目からの保障したほうがいいですね。

ただひたすら寝ていた一週間ですが、何も気にせずに無の状態で過ごしていると、次の日が来るのが楽しみになってくるのですね。
人って基本的に明日に向かおうとするものなのだなあ。

私はまだ「時間には限りがある」という実感は持てないでいるのですが(ポシティブな人ってそれが腑に落ちているらしい、だから、時間を無駄にしない)
後悔せずに、ただそこにじっとしているのではなく、伝えたいことはどんどん伝えて、やりたいことをやっていかないとなあと思いました。
勿論、体を大切にしていかないとですね。

スポンサーサイト
プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。