スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境港から石見銀山へ①

既に昨年の話になりますが、12月のはじめに一泊二日で鳥取~島根の小旅行に行ってきました。
境港から温泉津温泉、世界遺産の石見銀山のルートです。
車だと片道5時間位でしょうか。

幸い2日とも晴れていて、師走ですが過ごしやすい天気でした。

境港は妖怪漫画家水木しげる先生の出身地です。
今年大ヒットの朝ドラ「ゲゲゲの女房」で更に注目を受けた街です。
今までの入り込み客の2倍の人数が訪れたとか。凄いのは放送終了後の3カ月で更に勢いが付いているということですね。
私も、脚本家さんが気になる方だったこともあり、今まで一番に朝ドラに嵌ってました。松下奈緒さんのふみえさん&向井理さんの「お父ちゃん」こと茂さんにニマニマしながら見ておりました。日本国中ニマニマさせるカップルでした。

山陰出身のご夫婦が主人公ながら、現在は調布で活躍されている先生。最初はそのマンガ人生を当時の編集者さんの動向と共に描いていくという触れ込みでしのたので、あまり山陰は出てこないかなあと思っていたのですが、方言や度々行き来している姿など、先生達の今までの生い立ちをとても大切にされているのが伝わりました。
イカルさんなどは言葉遣いから港町の女房でした。私は母が港町出身でしたので、きちんと地元のことを知っている方が演出されたのが凄くよく分かります。

そんな境港ですが、やっぱり賑やかでした。
通りはプチ浅草、みたいになっていました。
おみやげ屋ばかりです!
妖怪ブロンズ像は二頭身の可愛いものも並んでいます。海坊主とべとべとさん、竹切り狸が好き。

お昼は夢みなとタワー下の回転すしでお昼でした。
ちょっと設備は古いのですが、職人さんがカウンターで握っている形式です。
「すし若」というお店でした。
地元のお店で、値段もお手ごろな上美味しかったです。
妖怪ロードは食べるお店が少なめですので、夢みなとタワー周辺に足を伸ばしてみるのがお勧めです。車なら難しくはないのですが、徒歩ならタクシーなどを利用されたほうがいいかも。タワー下の食堂も豪華で美味しいですよ。

後日12月までの入り込み数が350万人を超えたそうです。私と相方はその一部でもあったのですが、何度か行ってみたくなる通りです。



そうそう、
「ゲゲゲ」の山本むつみ先生は、萌え視点なのですが、男性の格好良い所はとことん格好良く書く方、しかも弱点を含めながら立ち上げることが出来る方だと思います。
「トップセールス」なら蟹江敬三さん演じる岡野英二、「慶次郎縁側日記」なら蝮の吉次が素敵でしたね。あまりな曲者は「ゲゲゲ」には出てこなかったのですが、イタチも最期は良き友でした。個人的には、イタチはフーテンの寅さんみたいな人かと思っていたのですが、大団円の1人となっていましたね。
山本先生の今後の作品に期待大です。やはり大河ドラマなど手がけられるのでしょうか。惚れる男性主人公だと素敵かも。個人的には現代だからこその「徳川家康」が希望。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

高砂 舟

Author:高砂 舟
twitterもやっています。
@takasago_fune

偏った本読みと太極拳が趣味です。低レベルですが腐です。
今はグレアム・グリーン継続中。星野道夫さん、宮澤賢治氏、藤沢周平氏をよく読んでいます。
植田正治氏の写真も大好物。

大人計画とグループ魂とっかかり中です。

宝塚は長く観ています。観劇回数は少なくとも、おばあさんになるまで細く長く見ていきたい所存。

twitter
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。